美白有効成分 白金ナノコロイドの効果・特徴とは

白金ナノコロイドとは

白金ナノコロイドとは

紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生します。活性酸素が過剰に発生すると、それを取り除こうとするシステムが働き、メラノサイトにメラニン色素を作らせる物質が分泌され、シミとなります。さらに、長い期間紫外線を浴び続けると、真皮にあるコラーゲンがダメージを受け、肌の弾力やハリが失われてしまうのです。

この活性酸素の働きを抑え、細胞の酸化を防ぐ作用を抗酸化力といいます。
白金(プラチナ)は抗酸化力が高く、主要な活性酸素すべてを還元する能力を持つといわれています。白金を10億分の2メートルまで超微細化した「白金ナノコロイド」は、新たなエイジングケアとして近年注目を浴びている成分です。

活性酸素と戦う白金ナノコロイド

白金ナノコロイドってどんな成分?

白金ナノコロイド

白金ナノコロイドの「白金」はプラチナのことです。白金ナノコロイドとは、白金を10億分の2メートルまで超微細化、ナノ化した成分のことをいいます(1ナノメートル=10億分の1メートル)。白金ナノコロイドは水分子と結合した状態で存在しているため、貴金属であるプラチナが体内に吸収される心配はなく、安全性が高い成分です。

活性酸素は一般的にスーパーオキシドアニオン、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4種類とされています。紫外線を浴びた際に発生する活性酸素のうち、酸化力が最も強いのはヒドロキシルラジカルですが、肌への影響が大きいのは一重項酸素です。一重項酸素は真皮にあるコラーゲン線維を破壊してしまうため、シミ、シワ、たるみの発生に大きく関与しているといわれています。

一時期ブームになった「コエンザイムQ10(ユビキノン)」は、特定の種類の活性酸素しか還元することができません。しかし、白金ナノコロイドは活性酸素全種類を還元できるといわれており、表皮や体内にとどまっている間はその抗酸化作用が続くといわれています。

また、白金ナノコロイドは食品添加物として厚生労働省に認可されている成分です。安全性の高さから化粧品だけでなく、サプリメントや飲料水、シャンプーなど、幅広い商品に使われています。

美白も若々しさも手にいれる!白金ナノコロイド

白金ナノコロイド

活性酸素はネガティブな面ばかり取り上げられますが、もともと人間の体内で作られる物質であり、健康な体を維持するためには必要なものです。体の酸素の働きを助け、体内の細胞の健康を守ったり、その酸化力の強さから、体内に侵入した細菌を除去したりしてくれます。

しかし、ストレスや不規則な生活習慣などにより、活性酸素が増え続けてしまうと、あまりに強い酸化力のため美容や健康に悪影響をもたらしてしまいます。活性酸素により体が酸化すると血管をはじめとする体内の老化が促進され、ガンや動脈硬化、生活習慣病など、さまざまな病気の要因になるといわれています。

これについては肌も同じことで、紫外線を浴びて表皮がダメージを受け、活性酸素が必要以上に増えると、コラーゲンがどんどん破壊されてしまいます。コラーゲンが減った肌はハリや弾力を失って硬くなり、シミやくすみだけでなく、たるみやシワなどもできやすくなります。

健康で美しい肌はコラーゲンが橋をかけあうようにしっかり結びつき、線維をすみずみまで張りめぐらせています。しかし、このコラーゲンがダメージを受けると、それらの機能が破壊され、肌の老化が進んでしまうのです。

活性酸素を除去することは、シミやくすみのない、ハリのある美肌を保つうえでとても重要です。白金ナノコロイドは肌表面の活性酸素を除去する効果が期待されています。まさにエイジングケアの心強い味方といえるでしょう。

c 2018-2019 オールインワンジェルランキング40代向け【2019最新版】 All rights reserved.