乾燥肌の原因と症状、スキンケア方法 - 肌トラブル講座

肌トラブル講座 乾燥肌編

肌トラブル講座 乾燥肌編

乾燥肌でお悩みの方がスキンケア商品を選ぶ際、どんなことに気をつければよいでしょうか?まずは、肌の乾燥を引き起こす原因に注目しましょう。
肌表面の角質層にある「NMF(天然保湿因子)」や「セラミド」が乾燥によって減少すると、肌の水分が逃げやすくなってさらに乾燥を招き、肌トラブルの原因となります。乾燥肌の方は、まずNMFやセラミドを補うスキンケア商品を使うことが大切でしょう。
乾燥肌をそのままにしておけば、肌がみずから潤いを守る「バリア機能」がしだいに低下してしまいます。これによって肌が外部からの刺激に弱くなるため、かゆみやかぶれによる赤みが発生することも。乾燥肌のスキンケアでは、なんといっても「保湿」を重視することが大切です。

乾燥肌を防いでくれるのは、角質層にあるNMFとセラミド!

肌が乾きがちな「乾燥肌」の方は、もしかすると現在も何らかの乾燥トラブルを抱えているかもしれませんね。たとえば、「目や口の周りがカサついて粉をふいたようになる」「洗顔するとすぐに肌の潤いが奪われてつっぱるような感覚がある」などなど…。
それらの乾燥トラブルは、主に肌表面の角質層と呼ばれる部分の水分が不足してしまうことが原因で起こりやすくなります。
乾燥肌でお悩みの方は、肌表面の角質層にある水分を保持する能力が低くなっていることが考えられます。そのためには、角質層の水分を逃がさないためのスキンケアを、日頃から心がけることが大切になるでしょう。

角質層は、およそ20層の角層細胞が重なり合うことで皮膚の内側を保護する役割を持っています。それらの細胞の間を「セラミド(細胞間脂質)」と呼ばれる成分がしっかり埋め、皮膚を保護する力をさらに高めています。また、角層細胞の内部には「NMF(天然保湿因子)」が存在し、細胞そのものの水分量をしっかりと維持しています。
これらの「セラミド」や「NMF」が不足すると、角層細胞が水分不足になるとともに、細胞のすき間を埋めきれなくなるため、肌内部の水分がしだいに蒸発しやすくなります。その結果、肌が乾いてカサつきがちになり、表面もざらざらとしてツヤや透明感が失われてしまいます。それと同時に、肌自身の防御力である「バリア機能」も低下し、さらに乾燥が進むという悪循環が起こってしまうことも。
角層の水分が特に奪われやすい乾燥肌の方が取り入れたい対策としては、角層内に本来存在している「NMF」や「セラミド」を、さらに補うためのお手入れをしっかり行うことが大切になるでしょう。具体的には、以下の方法で乾燥対策を行うことがおすすめです。

スキンケア商品に含まれる成分は、角質層まで浸透するといわれています。水分が奪われがちになる乾燥肌の方は、肌の保水機能を高めながら細胞のすき間にあるセラミドの働きを補い、低下したバリア機能を回復させることを意識してスキンケアを行いましょう。
NMFもセラミドも、本来は体内で作り出すことができる成分ですが、乾燥肌の方の場合は角層細胞の水分量やバリア機能を維持するために、それらをさらに補う必要が出てきます。
NMFやセラミドが含まれるスキンケア商品を使い、日頃からしっかり角質層の潤いを保つとともに、過剰な洗顔・刺激の強い洗顔料、摩擦によってセラミドやNMFが流出しないようにしましょう。
特に、かなり乾燥が進行してしまい、自らの力で肌の潤いを保つ能力が低下している場合、洗顔後あまり間を置かず、すぐにスキンケア商品で保湿することを心がけると良いでしょう。
ただし、NMFとセラミドのどちらかを補いさえすれば乾燥肌が潤うのかといえば、そうではありません。NMFは角層細胞内の水分を抱え込む作用を持ち、セラミドは細胞と細胞のすき間を満たして肌のバリア機能を保つはたらきを受け持っているため、それぞれ役割は異なります。したがって、角質層にNMFとセラミドがバランスよく存在していることで、肌の潤いがしっかりと守られるのです。

肌に潤いを与える成分はたくさんあります。しかし、乾燥肌の潤いを保つためには、単に潤い成分を補うだけで良いというわけではありません。肌の水分をしっかり守るセラミドなどが不足している場合、補った潤いは時間の経過とともに失われてしまうからです。
そのため、スキンケア商品によってNMFとセラミドの両方を補い、肌そのものが自ら潤いを守って逃さないようにする働きをサポートすることが重要なのです。

角質層のNMFやセラミドが不足することで乾燥が進んだ状態を放置すると、肌がカサついたり小ジワができたりするだけではありません。外的刺激を受けやすくなり、紫外線の影響でコラーゲンが減少し、肌のハリが低下することにもつながります。
普段からカサつきや肌のつっぱり感を気にしがちな乾燥肌の方は、肌の潤いを守るために大切なNMFとセラミドを継続的に補い、角質層の水分量を良好な状態に整え、内側から潤う力を高めることを意識したスキンケアを行うと良いでしょう。
忙しくてあまりスキンケアに時間や手間をかけられない方は、NMFとセラミドを一度のお手入れで補える機能的なスキンケア商品がおすすめです。

c 2018-2019 オールインワンジェルランキング40代向け【2019最新版】 All rights reserved.